三脚(3) 自分なりの使い方

無いと思っていたリクエストがあったので
正直 かなりうろたえています(笑)

三脚のハウツー本を読んでいて最初に“矛盾”に
思ったのは下記のようなことでした。
「脚は太いほうから先に使用し 長さを縮めるときは細いほうから行う」
文章にすると分かりにくいけど 写真で見ると

a0169060_2073332.jpg

二段目の脚が半分伸びた状態で三段目の一番細い脚が全部伸びています
こういう状態で使ってはいけないと書かれています 厳禁という言葉を使っていた本もあったような気が・・・
二段目の脚を全部伸ばして足りない長さを三段目で補いなさいというわけですね
理由は細い脚を使うとそれだけブレ易くなるから

でも でも でも
そんなこといったら脚全部伸ばして使えねーじゃん
三段目がブレ易い細さだったらそういうことになるでしょ
どんな三脚でもそうだとは言いませんが
少なくとも前の記事で書いたような選び方で購入した三脚なら
三段目も十分な強度があると思うので上の写真のような使い方をしても
まったく問題ありませんと思うのであります

実際 こういう使い方してますがブレたことありません
自分がこういう使い方をしている三脚
スリック プロ 700 DX
スリック マスター 
スリック カーボン 803 プロ

このあたりの三脚であればセオリー無視の①のような使い方をしても大丈夫
ちなみにカメラはnikonD90 レンズ シグマの70-200 2.8 クラスまでなら実施済み(以下同様)

断っておきますがこういう使い方を推奨しているわけではありません
高さ調節 セッティング状況などの状況によりこういう使い方をしても大丈夫ということなので
そこんところ誤解無きようお願いいたします


斜面での使い方
ハウツー本のどんな記述があったか忘れてしまいました
脚の設置場所ですが 斜面の上に長さを縮めて2本 斜面下のセンターに1本

a0169060_21272646.jpg

下の一本は必ずセンター中心になるようにすることで
下に2本持ってくるより安定します
こういうときの脚の長さ調節に①のやり方が生きてくるのです
しゃがみこんで一番下の足の長さを調節するより
二番目の足の長さを調節するほうがどれだけやりやすいか
一度やってみたら違いが分かります


前方に障害物

a0169060_2205394.jpg

左右に避けるのではなく脚の長さを調節して脚を乗っけちゃいましょう
このときの長さ調節も①と同じくです
あと 必要に応じて脚の開き具合も調節すると
三脚全体の安定感が増すことがあります


そしてもっとも大事なことが必要に応じて使い分けること
だと思います

自慢話みたいになっちゃいますが三脚これだけ持ってて使い分けしています
                   メーカー     名称                対応高さ(現行相応機)
大型 ローアングル可能 1本 スリック  プロ700DX                 420-1925

中型 ローアングル不可 1本 スリック  マスター(雲台は3ウェイに変更済み)  700-1835
    ローアングル可能 1本 スリック  カーボン803プロ              368-1819

小型 ローアングル可能 1本 スリック  プロ340DX                  258-1440
    ローアングル可能 1本 マンフロット 190B                    不詳

ミニ ローアングルのみ  1本 スリック  プロミニⅢ                   175-220

最初は万能に近い中型を買って使いこなすことから始めればいいと思います
自分は最初にマスターを買ってから2台目の190Bを買うまでの期間が6年くらいあります
期間かけてのこの本数ですので・・・

メーカーはスリックはお奨めできます 
実際に使ってみてすべての三脚がすべての性能において安定していると思います
マスターは購入から30年ほどになりますが今も現役 まったく問題無しです
30年のうち10年くらいは車のトランクに放り込んだままでしたが
ボルトのゆるみ ガタツキ などのトラブルは皆無です
他の三脚も一番新しいものでも5年以上使っていますがマスター同様まったく問題無しです
おフランス製の有名ブランドの三脚が欲しいと思った時期もありますが
買わなくて正解でした 国産で十二分です


最期に三脚のアクセサリーについて
ホットシューは必需品だと思います
三脚を使わない理由の一つに取り付けが面倒というのがあると思いますが
ホットシューを使うことで劇的に変化します
私が愛用しているのはベルボンのQRA-635L Ⅱ(現行型式)でこれをすべての三脚と
カメラ(デジイチ)とレンズの三脚ホルダーにつけています

あとは前の記事で書いたスライディングアームですね
a0169060_2321635.jpg

これは最近購入したのですがとても優れもので
物撮り 接写 ローアングル(地面すれすれ可能)には
欠かせないアイテムになっています

最後に 三脚用ストラップ 品番 型番忘れたけど
フォックスファイアーの肩掛けストラップは本当に三脚が軽く感じられます 
ちょっとしたカルチャーショックでした!!!


かなり長くなってしまいました 自慢話っぽくもなってしまいました
こんな文章を最期まで読んでくださってありがとうございます  感謝!


“日本ブログ村の写真ブログ”に参加しています。
写真か文章に何か感じてもらえたら下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村

※習い事するなら◆Cyta.jp 咲いたジェイピー   ◆写真教室「ひかりのパレット」
[PR]

by hikarinoparetto | 2013-01-10 22:15 | その他