母の注射器

重度の糖尿病の方の一部が

インシュリン注射をするように

母はリュウマチの薬を注射していました

と 言っても 自分では手が震えて打てないので

私が代わりにエンブレルという注射薬を週に一回

金曜日と決めて打っていました


約二年間に渡ってやってきて

打ち忘れた回数分のエンブレルの注射器が

冷蔵庫の中で自分の出番を待ち続けています


「もう君たちの出番は無いんだよ」


母の冷蔵庫の扉を開けるたび

自分の出番を聞いてくるエンブレル達に

私はそう応えなければなりません


たった数本の注射器なのに

この仕事は精神的にけっこう疲れます

捨ててしまえばいいんだろうけど

自分への戒めとして

捨てずに残してあります


「もっともっとしっかり介護すればよかった」

この思いを一生忘れないために

自分はエンブレムを捨てられないんだろうな

そんな気がしています



写真は使用済みのエンブレムの注射器
医療廃棄物なので病院へ持って行って
処分してもらわないといけないんだけど
これはこれで介護を通して
母と触れ合ってきた日々の思い出として
残しておきたいと思っています ダメかな?
a0169060_141572.jpg



“日本ブログ村の写真ブログ”に参加しています。
写真か文章に何か感じてもらえたら下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

※習い事するなら◆Cyta.jp 咲いたジェイピー   ◆写真教室「ひかりのパレット」
[PR]

by hikarinoparetto | 2012-12-23 01:06 | 家族