人気ブログランキング |

紙芝居

昭和の子供の頃の思い出として

欠かすことができないのが

紙芝居です


当時 母方の祖父が商売をしていて

銭形平次みたいに5円玉を紐で縛って

それを小遣いとして自分にくれていました


小遣いは当然のごとく自分の手をすり抜けて

母の手に渡り自宅に帰ると今度は

家の壁の高いところ

自分の手が届かないところに厳重に「保管」されます(笑)


そして

紙芝居屋さんが来ると母におねだりして

「銭形平次」を取ってもらい

15円か20円をもらって(金額ははっきりした記憶がありません)

紙芝居屋さんが待つ空き地へと

ひた走るのでした・・・・・・・・(続かない)



写真は日本昭和村の紙芝居屋さん

a0169060_241392.jpg



悔しかったのは紙芝居屋さんが来たときに

母が留守にしていることでね


「銭形平次」が保管されているところは

5~6歳の少年にとっては

雲の上と同じくらいの高さに感じられて

自分の力ではどうしようもない高さだったのです(笑)


しかし踏み台を使うと言う進化をするのに

それほど長くはかかりませんでした


同様に我が家の「銭形平次」が消えたのも

同じ頃でした



おきてがみ

◆下の“デジタル一眼レフ”のバナーをクリックして応援をお願いします!◆
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
      にほんブログ村
応援のクリックありがとうございます! 感謝!


※習い事なら◆咲いたジェイピー◆   ◆写真教室「ひかりのパレット」◆

by hikarinoparetto | 2013-09-03 03:01 | 日本昭和村